TOKIO の 山口達也 さんの 事件 に想う「 お酒 での 失敗 」について

お酒とおつまみ 想うこと
スポンサーリンク

飲酒したことで事件は起きる

 

こんばんは。Junkoです。

報道番組では、入れ替わり立ち代わり

どなたかがお酒で事件を起こしたという

ニュースが話題になってますね。

昨今ではジャニーズ事務所のTOKIOの元メンバー、

山口達也さんが強烈に記憶に残ってます。

 

どうやらアルコール依存症だったらしく、

アルコール断ちの入院をしていて、

退院したまさにその日に飲酒してしまった。

しかもかなり酔いがまわって

知り合いの女子高生を自宅に呼んで

無理やりキスをしてしまったとかなんとか。

 

その内容については色んなところで

物議を醸し出していますが、

私が気になったのはそこではなく、

その事件を起こした山口達也さんへの

世間のみなさんの印象の変化について。

 

街角インタビューの一般人や

報道番組の色んなコメンテーターが

様々な意見を述べていますね。

 

「いつもはあんなに頼れるお兄ちゃんという

感じだったのに、

お酒で本当の自分が出ちゃったのは

もったいないですね。がっかりです。

そんな人だったなんて。」

 

それを聞いていて思ったことですが。

 

私も酒で失敗したこと多数の人間なので、

ついつい飲みすぎてしまう気持ちは分かります。

うっかり理性がぶっとんで、

いつもなら言わないことや

しないことをしてしまって次の日に、

「ああ~やってしまったぁ!

後悔してもしきらん!」

て人も多いと思います。

(私の周りにはたくさんいますww)

 

だから、そういう人は誰しも山口達也さんに

自分を見ている。自分の過去の葬り去れない

失敗談を思い出した人も多数いると思う。

そこで物申したい。

 

スポンサーリンク

本当の自分って、どの自分?

 

上司に嫌なこと言われて、

憤慨して言い返す人と、理性で抑える人。

そこでまず、それぞれの性格が分かれると

思います。言わば、その人を作っている本質。

酒にのまれて本当の自分が出ると言うけど、

私はそうは思いません。

人は誰しも欲望と戦って生きている。

ふらっと欲望のまま行動してしまうのは

人間の本能であって、

でもそれを、理性で抑えて、

その欲望を行動に移すか移さないかは人それぞれ。

その、人それぞれ、ってとこが、一人一人の

個性で、その人の本当の姿なんじゃないかと

思うわけです。

お酒で理性を失う前の、その人の姿こそが。

 

なので、酒にのまれてその人が起こす行動は

その人本来の姿ではない

と思います。

酒のせいです。酒がその人の本質を奪います。

その人を責めるのであればそれは、

酒にのまれるほど飲んでしまう、ストップを

かけることが出来ない弱い心

の、方ではないかと。

 

山口達也さんのやってしまったことは

確かに罪であると思います。

でも、今までの活動や素面の時の言動や行動、

そのすべてを消し去るような、

「本当のあの人はあんな人なのだ」

と言った発言には、

私自身はTOKIOのファンではありませんが

意義を唱えたいと思います。

 

被害者の女子高生は、

とても怖い思いをしたとおもいます。

被害者感情は別のところで

色んな人が述べているので

ここでは触れませんが、

加害者である山口さんについては

今まで培ってきた人生を

これで失うのはほんとにもったいない。

 

お酒で本当に後悔したのなら、

もうきっぱりとやめて、

またどこかで活躍してほしいなと

思います。

そしてそれを

世間の人も受け入れて欲しいです。

そうしたら

私のこれまでの数々の失敗も

浮かばれるような気がします。← 謎

 

飲みすぎてはじけちゃった飲み会の翌朝、

頭ガンガンのぼんやりした状態で

みんなどこかで思ってるはず。

 

酒の席では無礼講って言うよね?

あの失言は許してくれないかな~。

 

てね☆   そう甘くはない

 

二日酔いは定番、のJunkoでした~。

では、また。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました