スポンサーリンク

節水 のために シャワーヘッド を替えてみました!さて、水道代 がどれくらい 安く なるのか楽しみです

こんにちは!Junkoです。

最近考えてたことがあって、

試してみよう!と実行してみました。

節水をするぞ!

以前、オキシクリーンをやめた記事を

upしました。その時に触れたのが

「オキシ漬けは水がもったいない」

ということでした。

主婦に大人気のオキシクリーン。今やSNSでは見ない日が無いほど登場する、オキシ漬けの素敵画像。簡単に汚れを落としてくれてとても魅力的です。大ヒットしたこの万能洗剤を、とことん使った私がついに買うのをやめた理由とは??

そして、最近の日本は災害が多いので

防災グッズを準備する記事も

upしました。その中で、

「水は無駄に出来ない、とても大切」

ということに触れました。

最近の日本は自然災害大国と言われてます。たくさんの悲しいニュースがテレビで流れていますが、他人事じゃありませんよね。今自分にできることは何か。日頃からの「備えあれば憂いなし」精神で、防災意識をもって少しずつでも準備をしていきたいと思います。

そんなこんなで、水の節水はかなり

重要な事なのだ!という

意識が自分の中で大きくなっていました。

ある時、旦那から提案があったんです。

「うちもシャワーヘッドを替えたら

少しは節水になるのではないか?」

というものでした。

そういえば、うちの子たちは

お風呂に入った時の水の使い方が

あまり節水を頑張っている感じが

しない気がします。

まあ、子供に節水をよびかけても

そこまで真剣には取り組んでは

くれないですよね (*´з`)

じゃあどうしたら良いのかというと、

無理やり節水するシステムを作る

というものではないでしょーかっ!鼻息すごっ

なので。

うちの水道使用量の見直しとして、

節水シャワーヘッドを購入することに

決定しました。パチパチパチ

きっと水道代も減るしね。やったぁ。

節水シャワーヘッドを購入しました

色々と優れたものが出ている中で、

買う気になったのはこれ。

何がいいかって、やっぱり節水効果70%。

しかも見た目もシンプルで好き。

節水機能と増圧機能も切り替えられて

その時の必要な水量が選べる優れモノ。

検索してから注文するまで5分。

ほんと即決しましたよ~。

もう、これしかないっしょ! てな感じで。

届きました

すぐ!ほんとすぐに届きました。

このね、「強い水流」っての大事ね。

接続の部品も4パターン入ってます。

これでどんなシャワーヘッドの形にも合います。

うちはTOTOなので部品を使わずに

交換するだけでOKでした(^^♪

TOTOやINAX、SAN-EIやその他メーカー

部品要らずで大丈夫みたいです。

今までのシャワーヘッドと比べてみた

簡単に取り換えができました。

おっとその前に、

古いシャワーヘッドで水を出して

洗面器に水を溜めてみました。

満杯になるまで何秒かかるか。

そして新しいシャワーヘッドでは何秒なのか。

スマホのストップウォッチ機能を使い、

水を溜めるのは旦那の係。

時間を計るのは私の係。

よーい、スタート!

てな感じで、めっちゃ真剣に

検証しました。なので画像無しww

結果、やっぱり、節水シャワーヘッドの

方が、洗面器一杯になるまで

かなり時間がかかりました。


これは付属の説明書です。

ということは!

同じ時間、水を流しっぱなしでも、

節水シャワーヘッドの方が

水の使用量がかなり少ない!

ということですね~。

やっぱり節水出来てるのね~!

気になる使い心地は?

ハード水流とソフト水流が切り替えできます。

ハードがHで、ソフトがSです。

ハード水流でさえ、節水効果は50%。

うちはこのくらい。ソフト寄りで。

やわらかく、でも満足な水流で

大満足です。

買って本当に良かった~~!!

レビューでプレゼントもらいました

到着後にレビューを書き込んだら

アイススプーンか今治タオルがもらえるとの

ことだったので、私は今治タオルにしました。

柔らかな色合いと肌ざわり、素敵です!


実物はもっと濃い紫です

節水も出来て、タオルももらえて、

お得感ばっかりでした。

シャワーヘッドのお値段も、

今後の節水のことを考えたら

すぐに元をとれそうな額だったので

良いこと尽くめでした♪

思ったことをさっと行動に移せて、

ズボラの私からは想像できない進歩です。

でももっと早くしておけば良かったねww

次の水道料金徴収票が楽しみです♪

差が顕著に出たらまた追記します(*^^)v

では、また。


40歳代ランキング

スポンサーリンク
kima




kima




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
kima